おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

リフォームとリノベーションの違いと、施工会社を選ぶ際の注意点

   

最近は従来の『リフォーム』とは別に『リノベーション』という方法が人気を集めていますが、この2点の違いはどこか、ご存知でしょうか。

ここではリフォームとリノベーションの違いと、リノベーションを依頼するときの会社選びで注意すべきポイントについてご紹介します。

リフォームとリノベーションはどこに違いがあるの?

リフォームとリノベーションは、家の古くなった部分を直したり、中古物件を購入したときにリニューアルしたりする点は同じです。

しかし、厳密に分けると目的が異なります。

簡単にいうと、リフォームは原状回復を目的とした工事をさし、リノベーションは性能をグレードアップさせるなど、物件の価値そのものをアップすることをさします。

会社によってはリフォームをメインとしていたり、リノベーションをメインとしていることがありますが、両方を取り扱っている会社も多いです。

リフォームとリノベーションそれぞれの詳細については、次の各項目で解説していきます。

リフォームとは、原状回復を目的としたもの

リフォーム(reform)とは、改良や刷新を意味する言葉です。

建築用語としては基本的に『原状回復』のことをさし、賃貸の場合は入居前の状態に戻すことをいいます。

戸建てやマンションなど中古物件を購入する際や、古くなってきたマイホームをリフォームする場合は、壊れた部分の改修・交換など、快適に住める状態へ戻すことをさします。

具体的にあげると、以下のような工事がリフォームと呼べるものです。

  • 屋根の破損した瓦やスレートを新しいものに交換する
  • 防水機能の衰えた外壁を交換する・塗り替える
  • 古い浴槽をバリアフリーの浴槽に交換する
  • 古い和式トイレを洋式トイレに変更する
  • 汚れてはがれかけた壁紙を貼り直す
  • キッチンを新しいものに入れ替える

他にもあげられますが、共通するのは元の状態にできる限り戻すこと・近づけることを目的としている点です。

たとえば新築の状態をゼロと考え、経年劣化した状態をマイナスと考えるなら、リフォームは最初のゼロの状態に近づけるための工事です。

中古物件を購入したり、親から受け継いだりした物件を、ちょっとでも住みやすい状態にできれば良い、という方は、リフォームが向いています。

リノベーションとは、家の価値を高めるもの

リフォームが原状回復を目的としているものなら、リノベーション(renovation)は原状回復よりさらに進んだ、『家の価値を高める』ことをいいます。

壊れたものを修理するのはもちろん、以前よりも入居者にとって使い勝手良く、自分らしい暮らしを送れるような工夫を施すのが、リノベーションです。

具体的な例をあげるとすると、以下のようなケースがあげられます。

  • バルコニーに屋根などをつけてサンルームにする
  • 玄関横の部屋を壊して玄関の土間を広くする
  • 浴槽も壁も高級素材に変えてホテル仕様に
  • 壁側のキッチンをアイランドキッチンに
  • 玄関近くにあった浴室をベランダ側に移動
  • リビング横の和室を壊してリビングを広く
  • リビング横の和室を子供部屋へ
  • 小さめの部屋を主寝室とつなげて衣装部屋にする

新築の状態や老朽化したものを修理しただけの状態を、ゼロとするなら、リノベーションはゼロより少し数値がアップした状態を目指すものです。

分譲マンションの多くは似たような間取りや部屋数のものばかりですが、リノベーションすることで自分好みの間取りや部屋数に変えることができます。

築年数が経った建物を、内装を変えるだけで新築当時より価値がアップするものなの?と疑問に思うかもしれませんが、建材の選び方や間取りの変え方次第で可能です。

たとえば、新築購入時は狭くて足を伸ばせなかった浴槽を、リノベーションで浴室自体の面積を広げ、大きめの浴槽を入れれば、以前よりずっと快適な状態に変わります。

リノベーションというと間取りを大まかに変更することをイメージする方も少なくありませんが、このように機能面をアップする部分的なリノベーションも存在します。

リノベーションには「コンバージョン」もある

リノベーションのように、大掛かりな工事で建物の新たな価値を創造する方法がもうひとつあります。

それが変換や転換を意味するコンバージョン(conversion)です。

原状回復だけではなく、新たな価値を加えることを目的としている点はリノベーションと同じですが、建物の用途までもを変えるための工事を、コンバージョンと呼びます。

  • エレベーターをつけてバリアフリー化…リノベーション
  • エレベーター設置で高齢者専用物件に変更…コンバージョン
  • 自宅をカフェ風の内装にする…リノベーション
  • 自宅兼カフェに改装する…コンバージョン
  • 自宅に書斎を作る…リノベーション
  • 自宅の一部を個人事務所にする…コンバージョン
  • 倉庫やオフィスをおしゃれな内装にする…リノベーション
  • 倉庫やオフィスを住宅に変える…コンバージョン

同じようにマンションにエレベーターを取り付けるとしても、その目的が『住民の利便性向上』のためか『独身者向け物件を高齢者専用物件に変える』ためかで意味合いが変わってきます。

仮に個人宅であっても、生活空間に用途の異なる部分を作れば、それはコンバージョンです。

身近なものでいえば、廃校を工場にしたり、歴史的建造物をホテルにしたりと、各地で大掛かりなコンバージョンが行われています。

コンバージョンを依頼する際はリフォームやリノベーション会社と同様、建築会社や工務店、リノベーション会社などに相談することとなります。

では、このような大規模な工事が必要となるリノベーションやコンバージョンを依頼する会社はどのように選ぶのがいいのでしょうか。

リノベーション会社の選び方と注意点

原状回復ではなく、もっと自分らしい暮らしを送れるような、便利で住心地の良い家にしたいという方は、リノベーションがおすすめです。

リノベーションをするためには、専門の会社に依頼しなければなりません。

お金の問題やデザイン面での不満などトラブルが起こらないよう、会社選びで失敗しないために、以下のような点を重視しましょう。

  • 自分に合ったカラーの会社
  • 実績が豊富
  • 施工例や工事現場を見学できる
  • 担当者が頼れる・相談しやすい
  • 資金面が把握しやすい
  • スケジュール管理ができる
  • 動線も考慮した設計ができる
  • 建物の状態を把握できている
  • アフターサービスの充実

第一条件はやはり、自分の目的やイメージに合ったリノベーション会社を選ぶことです。

無垢材を使用したナチュラル系が得意な会社に、古材を活用したアメリカンなデザインを希望しても、イメージ通りのリノベーションにはなりません。

デザイン面はもちろん、長く住めることも考えると、施工例や工事現場を気軽に見学させてくれるような、実績が豊富で施工レベルに自信のある会社を選びたいところ。

担当者が頼れる人か、相談しやすい人かどうかも重要です。

デザインや設備の要望が伝わりやすいのはもちろん、専門的知識をきちんと持っている担当者であれば、ローンなど資金面の相談もできます。

物件購入を含んだり、引っ越し希望日が決まっていたり、スケルトン工事など大掛かりなリノベーションの場合は、スケジュール管理がきちんとできる会社かどうかも重要です。

また、工事前の物件の状態を把握し、適切な修理や補強、動線を考えた設計ができるなど、購入者が長く安心して住めることを考慮したデザインをしてくれる会社を選びましょう。

中には24時間サービスや長期保証、無料の定期メンテナンスなど、オリジナルのアフターサービスを設けている会社もあるので、そのような会社を選ぶと安心です。

リフォームの名称でリノベーションを行う会社もある

間取りを変更するような、大掛かりな工事だけがリノベーションと呼ぶわけではありません。

デザインが刷新されたり、設備の機能がアップしたり、新築時とは異なる新たな価値が生まれるような工事であれば、リノベーションに当てはまります。

実はリフォームとリノベーションは業界でも混同している会社が多く、リフォーム会社がリフォームと称してリノベーションも手がけていることがあります。

希望するエリアでリノベーション会社が見つからなかったときは、リフォーム会社もチェックしてみてください。

会社名に『リフォーム』と入っていても、相談してみるとリノベーションも取り扱っている可能性は高いです。

リノベーション会社と同様に中古物件の購入から相談できるような、不動産会社と提携している会社も多いので、まずは相談や資料請求してみることをおすすめします。

まとめ

リフォームとリノベーションの違いは、求める目的の違いです。

新築のときのような機能を回復させたり、老朽化した部分を交換するなどの『原状回復』を目的とするのが、リフォームです。

新築時とは異なる機能を取り付けたり、間取りを暮らしやすく変えたりなど、性能アップや新しい価値を作り出すのが、リノベーションです。

ちなみに、リフォーム会社の中にもリノベーションを手がけている会社があるので、希望エリアで気になる会社や評判の良い会社を見つけたら、どんどん問い合わせてみましょう。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報