おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

買取再販のリフォーム済み中古マンションを買うデメリット

      2018/12/17

リフォーム済み中古マンションは比較的安い金額で新築同様のマンションが変えて、また住宅ローン1本で資金を用意できるというメリットがあります。

しかし、一方で床や壁など表面しか見られないというデメリットがあります。

リフォーム済み中古マンションを買うデメリットと、その対策にはどのようなものがあるのでしょうか。

リフォーム済みマンションの問題点

リフォーム済み中古マンションは、リフォーム費用を現金で用意できない購入者にとって新品同様にきれいな内装の中古マンションを購入できる点が魅力です。

購入する時にはリフォームにかかる費用はマンション価格に含まれているため、住宅ローンで融資を受けやすいからです。

一方で、リフォーム済み中古マンションを購入するには問題点もあります。

リフォーム済み中古マンションは工事の工程が見られない

リフォーム済み中古マンションはすでに売主がリフォームを済ませているため、自分で自由にリフォームしたいという人にとっては不満を感じるところでしょう。

また、購入した時にはすでにリフォームが済んでいるため、リフォーム中の工程を見ることができません。

よって、リフォーム中に発見したかもしれない表面からは見えない傷や瑕疵について知ることができず、またその補修をすることもできません。

リフォームは工程中に傷や瑕疵が見つかることが多くあり、追加工事が必要となることが多々あります。

ですが、売主は売ることが目的なので表面をきれいにする工事だけで終わることが多く長期的な視点で補修をすることはあまりありません。

もちろん、リフォーム中の追加工事は負担ですが、マンションに長く住むことを考えれば負担しておいたほうが良いものです。

このようにリフォーム済みマンションがきれいなのは基本的に表面の、目に見える部分だけだと考える必要があります。

一方で、中古マンション購入後にリフォームやリノベーションをする場合は多少の追加工事がかかったとしても先のことを考えて負担すべきです。

リフォーム済み中古マンションを購入する場合の注意点

それでもリフォーム済み中古マンションを購入したい、という場合にはリフォームした際の見積書や工程表を不動産仲介業者に請求して見せてもらうようにしましょう。

不動産仲介業者が持っていなければ、売主やリフォーム業者へ連絡して手配してくれるはずです。

また、マンションの管理組合からマンション全体の修繕の履歴を見せてもらうことも大切です。

過去にどのような修繕工事を行っているのか、現在の修繕積立金の積立状況を把握してから購入するようにしましょう。

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームは古くなった壁紙やフローリングの張り替えや、キッチンやお風呂などの住宅設備機器を取り換えたりすることを指します。

リフォームとリノベ―ションで明確な言葉の定義の違いはないのですが、リフォームはマイナスのものをゼロにするという言葉でよく表されます。

つまり、老朽化したものを新築の状態に戻すものだと考えると良いでしょう。

一方でリノベーションは、給排水設備や電気、ガスの配管を取り換えたり、耐震性や耐久性を向上させるために補修を行ったりします。

つまり、老朽化した建物を改修することと合わせてプラスアルファの付加価値をつける工事だと言えます。

リノベーションは壁や床をはがしてスケルトン状態にしてから工事を行うため、建物内部にある傷や瑕疵を発見しやすく、またその補修もしやすくなります。

リノベーションなら見えないところまで綺麗に

中古マンションを購入して、リフォームをするかリノベーションをするか考える時に一番大きな違いは、リノベーションをすると配管周りの取り換えを行うことができるという点です。

リフォーム済みマンションでは目に見える表面だけきれいになっている場合が多いのです。

ですが、中古マンション購入後にリフォームをした場合でも、配管周りの取り換え等は行いません。

リフォーム済みマンションの購入でも中古マンション購入後のリフォームでも、配管の取り換えは行わないため漏水などのリスクは残ります。

中古マンションを買って改修するのであれば、リフォームよりもリノベーションを行いスケルトン状態にしてしまって配管周りを含めて問題のある箇所は取り換えてしまうのが良いでしょう。

参考記事:リノベーションとリフォームの違いは配管にあった

リノベーションは費用との勝負

リノベーションは、スケルトン状態にしてから工事をするため一から間取りをつくることができます。

もちろん、お金を出せばいろいろなことができるのですが、出せるお金に上限がありますよね。

一般的に、完全にスケルトンにして配管やお風呂やキッチンの変更までしてしまうと1,000万円以上はかかってしまいます。

工事途中で追加工事が発生することもよくあることなので、ある程度余裕のある資金計画を組むことが大切です。

まとめ

リフォーム済み中古マンションは新築マンションよりかなり安く、表面上は新築と同様のものが買えてしまうので魅力を感じてしまいます。

しかし、中古マンション購入は長く住み続けることを考えるのも大切です。

ボロボロの中古マンションでも配管まで交換できるリノベーションであれば安心して長く住み続けられます。

中古マンション購入+リノベーションも検討してみると良いでしょう。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報