リノベーション会社徹底比較

DOOPの評判・口コミまとめ【リノベ会社比較】

   

家造りで失敗を避けるには、その土地の木材を使用すること。

これは季節や土地ごとの気候が大きく異なる日本で受け継がれてきた、建築の基本的な考えですが、リノベーションにおいても軽視できません。

そんな昔ながらの知恵を大切に、地元の木材を活用するDOOPについて、3つの強みからその魅力をご紹介します。

DOOPの強み1:地産地消で質の高い木材を活用

DOOPは、地元福岡県産の木材を用いたリノベーションを積極的に行っている会社です。

戸建ての場合、地元の木材を利用することは気候の変化に強く、家が歪みにくいメリットがあります。

では既に骨組みのあるリノベーションやマンションには関係ないのかというと、そうも言いきれません。

戸建てに限らず、地元の木材を使うと、以下のようなメリットが得られるのです。

  • 地元の自然環境の再生に貢献できる
  • 福岡県産ブランド「耳納杉」を使用できる
  • マンションでも戸建ての注文住宅なみの自然素材の家に
  • 地元産かつ天然木ゆえのぬくもりや優しさ
  • 地元産なので品質管理の目が行き届きやすい

ただ家造りに地元の木材を使うだけで、自分が長く住み続ける土地の山や森林の再生を手助けできるのは、素敵なことではないでしょうか。

無理な作業をすることなく、ただ打ち合わせで地元産の木材をチョイスするだけの手軽さで、身近な自然を守ることにつながります。

伐採は自然を壊す悪いイメージがあるかもしれませんが、健全な森を育てるには伐採による適切なバランス調整が重要です。

山や森林を守りつつ、福岡県特産の高品質なブランド木材「耳納杉」を家に使えるのは、お客様を我が家へ招待したときのちょっとした自慢にもなります。

リノベーションに地元産の木材を使用することで、DOOPは自然貢献とともに、そこに住む人が安らげる天然木のぬくもりあふれる空間を実現してくれます。

地元産なので外国産のもの以上に厳しい品質管理がなされ、単純な素材として見ても、高品質なものが低コストで利用できるメリットもあげられます。

DOOPの強み2:地元に根付くベテラン企業の挑戦力

DOOPの母体となる照栄建設は、福岡県で40年以上活躍し続けてきた建設会社です。

企業コンセプトとして、以下のようなスタイルを貫いています。

  • 提案・設計・施工管理、すべて自社で手がける
  • 一棟ごとにオリジナルのプランを
  • 24時間のアフターフォローを約束

とにかく顧客にも自分にも真っ正直に仕事をすることを是とする会社で、長年顧客に向き合い続けて生まれたのが、リノベーション部門のDOOPだそうです。

DOOPは「DO」と「LOOP」を組み合わせた造語で、理想の住まいづくりに挑戦し続ける行動と、次代へ継承すべき環境に配慮した住まいづくりへの情熱を表しています。

照栄建設が長く顧客と向き合ってきたことで気づいたのは、時代にそって住まいの理想像に変化があったという事実。

40年続くベテラン企業といえば、フットワークが重く固執したイメージの中で仕事をされそうな印象を持っている人も多いのではないでしょうか。

照栄建設は長年育んできた技術のみで勝負するのではなく、時代と向き合った柔軟性を持っています。

培ってきた技術はもちろん、新しい知識や価値観を積極的に取り込む挑戦力で、斬新な要望にも真剣に向き合ってくれます。

また、不動産部門も自社に抱えているため、物件探しから資金相談、設計や施工、アフターフォローまですべてを一貫して任せることができるのも大きな魅力です。

サポートが24時間というのも、残業続きで深夜帰宅が多かったり、夜勤が多くて早朝帰宅が多かったりする現代人にとって嬉しいポイントです。

DOOPの強み3:施工前も引き渡し後も安心の保証体制

中古物件を購入してリノベーションする場合、よくあるリノベーション会社のパターンが「不動産会社と提携しているのでご相談可能です」というもの。

確かに不動産探しから手伝ってくれるのは助かるのですが、あくまで不動産会社との提携でしかありません。

そこには不動産会社に別に支払う手数料などが発生しますし、打ち合わせもリノベーション会社と不動産会社の2社と同時進行することになります。

つまり、便利とはいえ時間やお金が余計にかかってしまうのです。

DOOPの母体である照栄建設は、自社一貫施工を行っており、社内に設計部門、施工部門の他に不動産部門を持っています。

そのため提携不動産会社を紹介してもらう他社よりも手数料が節約できますし、打ち合わせに訪れる場所は一箇所で済みます。

2社間でよくある力関係や利害関係とは無縁なので、売れ残った微妙な物件を押し付けられることなく、豊富な物件情報の中から要望に合ったものを紹介してくれます。

また、「一般社団法人 リノベーション住宅推進協議会」の正会員でもあるので、施工は『適合リノベーションR1住宅』という基準で安全性が保証されています。

さらに前述したように24時間体制でサポートが用意されているので、引き渡し後に問題が見つかった場合や不具合が起こったときに、すぐ駆けつけてくれます。

『適合リノベーションR1住宅』の基準では、2年以上の保証付与が条件とされていますが、他社と違い、DOOPは保証期間を過ぎても24時間サポートが受けられます。

保証期間内ではないので、問題の改善には実費が請求されることになりますが、それまで同様に24時間駆けつけてくれるのは嬉しいところ。

DOOPの口コミ・評判

保証制度が他社以上にしっかりしたDOOPですが、実際の口コミや評判はどうなのか気になる方も多いでしょう。

ひどい会社の場合、保証しますと言っておきながら、いざ連絡してみると何の対応もしてくれないケースも多いそうですが、DOOPは本当にサポートしてくれるのでしょうか。

口コミや評判をしっかりチェックしてみたので、ご紹介します。

  • 内装が今どきでおしゃれ
  • アフターはしっかり対応してくれる
  • 工事が早く終わる

DOOP単体での口コミはありませんでしたが、母体となる照栄建設の口コミがいくつか見つかりました。

高評価の口コミは、以上のようなものが多く、中には「最近あまりチラシを見なくなったけど、営業をかける必要がないくらい業績良いみたい、という地元民の声もありました。

一方で、あまり良くない評価も複数見つかりました。

  • 工事の音がうるさい
  • 24時間電話には出るが対応が翌日になることがある
  • 他社よりちょっと高い

『適合リノベーションR1住宅』の基準である程度の施工レベルは保証されており、良い口コミでも工事が早いと書かれていますが、一方でトラブルもあるようです。

作業が早い分、周辺への騒音対策がおろそかになりがちな会社のようで、間取りを変える(壁を壊す)レベルの施工は、ご近所トラブルが懸念されます。

間取りをあまり変えないプランや、隣や上下に住人のいない(空きが多い)中古物件のリノベーションなど、騒音を気にせずに済む施工のほうが向いているかもしれません。

また、会社規模が大きいからか、社員に当たり外れが多いようで、24時間対応も特定の社員は満足いく対応をしてくれなかった、という声もありました。

大手かつ天然木を使っているからか、多少価格が高めになっている点が気になる人もいたようですが、このあたりは資金計画の段階で事前に知ることができます。

納得できない価格であれば無理に契約する必要はないので、「この会社に任せたいし、この値段なら納得できる」と思った方のみ依頼しましょう。

社員の当たり外れについてはどの会社も運次第ということをよく理解しておき、事前にイベントや相談会でフィーリングを確かめておくことをおすすめします。

まとめ

DOOPは、地元で多くのマンションや戸建て住宅を建て続けている建設会社の、リノベーション部門です。

社員の当たり外れや価格の高さなど、大手ゆえの問題も抱えているようですが、『適合リノベーションR1住宅』の基準に則った施工は期待できそう。

事前にイベントや相談会に参加して、会社や社員の印象をチェックしてから、検討候補に入れるかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

DOOP 情報まとめ

会社名 照栄建設株式会社
ブランド名 リノベーションプランニングDoop
住所 〒810-0012 福岡県福岡市中央区白金1丁目1-5 ルクセール薬院1F
ホームページ https://doop.co.jp/
展示場の有無
営業時間 8:00~17:00
定休日
スポンサードリンク

 - リノベーション業者の評判・口コミ徹底比較まとめ