おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

キッズベッドのメリットおよび注意点とは

      2019/01/02

キッズベッドには様々なタイプがあり、子どもの年齢や人数、部屋の間取りによってご要望に応じたタイプのものを選べます。

一方で、そもそも普通のベッドではなく、キッズベッドを導入するメリットにはどんなことがあるのでしょうか。

本記事では、キッズベッドの用途についてお伝えすると共に、導入のメリット・デメリット、注意点などお伝えしていきます。

キッズベッドの用途とは

キッズベッドはその名の通り子供用ベッドのことです。

落下防止のための柵付きのものや下を収納として使えるロフトタイプのものや2段ベッドタイプのもの、シングルベッドタイプのものなどがあります。

キッズベッドはベビーベッドを卒業する2歳頃から遅い場合だと自分の部屋で過ごすことを考え始める小学校入学前後、子ども部屋を作るのと一緒に導入が検討されます。

キッズベッドの大きさはさまざまですが長さが2m位あるものであれば、高校生~大学生になって使うことができるでしょう。

キッズベッドのメリット・デメリット比較

キッズベッドにはどのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか?

キッズベッドのメリット1:2段ベッドタイプやロフトタイプの活用で縦にスペースを確保する

子ども1人に1部屋確保できない場合や、確保できていても狭く感じられる場合には2段ベッドタイプのものやロフトタイプのものを選ぶと、縦に空間を活用することができます。

このタイプのものを導入する時は、何歳まで使うか将来のことも考えてサイズを選ぶとよいでしょう。

キッズベッドのメリット2:子どもの頃から長く使える

キッズベッドはベビーベッドとは異なり、「何歳まで使うか」を意識した商品選びをすることで、3~4歳のころから高校生、大学生まで長く使うことができます。

また、勉強机とセットになっているシステムベッドや収納付きのベッドを選ぶことで、1回購入してしまえば勉強机や収納の購入を考えなくてもよいというメリットもあります。

キッズベッドのデメリット1:子どもにベストサイズのベッドだと買換える必要がある

一方で、3歳頃から小学校入学までの間にキッズベッドを購入した場合で、その時の子どもに合わせたキッズベッドだと買換えが必要になるでしょう。

もちろん、成長に合わせて買い換えていきたいというのであればよいですが、できるだけコストを抑えたいというのであれば、長く使えるサイズや柄(キャラクター)のものを選んだほうがよいでしょう。

キッズベッドのデメリット2:高さによるデメリットがある

キッズベッドの内、2段ベッドやロフトベッドは空間を有効活用できる点で魅力的ですが、高さによるデメリットがあります。

例えば、上のベッドに行くのにはハシゴをかけなければならず、布団の上げ下ろしなどに手間がかかるだけでなく、もし落ちた場合は大ケガを負ってしまう可能性があります。

その他、暖かい空気は下から上へと上がるため、夏場には上の段は暑くなってしまいます(一方で、これはメリットですが冬には上の段が暖かくなります)。

こうしたデメリットは購入前にしっかり理解しておくことが大切です。

キッズベッドを購入・キッズルームを導入する際の注意点

キッズベッドを購入する際にはどのような点に注意するとよいのでしょうか?

どれくらいの期間使用するのかによってタイプやデザインを選ぶ

すでにお伝えしましたが、キッズベッドを購入する際は、どのくらいの期間使用するのかによってタイプやデザインを選びましょう。

例えば、3~4年間で買い換えることを考えているのであれば、小学校入学前のお子様に合わせたサイズのベッドを購入してもよいでしょう。

一方、できればずっと使っていきたいと考えているのであればサイズは大人サイズのものを選ぶと共に、派手なキャラクターものは選ばないか、取り外しできるものを選びましょう。

その他、お子様に年齢差があるご家庭で2段ベッドを利用しているような場合は、上の子が独立して家を出ていった後、ベッドをどうする予定なのかなど考えておくとよいでしょう。

自立を促すキッズベッドだけど心配でもある

キッズベッドは、ベビーベッドから卒業して徐々に一人で寝られるよう自立を促すものでもありますが、大人が見守ってあげられない分、落下防止などには十分注意する必要があるでしょう。

また、キッズベッドの導入と同時に子ども部屋の整備をする際は、子どもが部屋にこもりっきりにならないようリビングにも学習環境を作ってあげるなど工夫するとよいでしょう。

まとめ

キッズベッドについて、その用途やメリット、デメリット、注意点をお伝えしました。

キッズベッドはベビーベッドを卒業する2~3歳頃から導入を検討するものですが、子ども部屋の整備と同時に行う場合、家を出ていく18歳~22歳頃まで使う可能性もあるものです。

何歳まで使う予定があるのか、落下防止や収納量の問題などは考えられているかなど、本記事を参考にキッズベッドのタイプやデザインを選んでいただけたらと思います。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報, 用語集