リノベーション会社徹底比較

ジーフラットさん主催「みんなで聞こう!リノベーション勉強会 in 神戸三宮」に参加してきました!

      2018/08/31

8月に入ってから、ジーフラットさん主催の「みんなで聞こう!リノベーション勉強会 in 神戸三」に参加してまいりました!

関西圏では今までリノベるさんの勉強会しか参加したことがなかったので、楽しみにしていました。

では、当日の様子や勉強会の内容も含めてレポートをまとめさせていただきます。

開催場所はKIITO神戸

勉強会が開催された場所は、KIITO神戸という元々神戸市立生糸検査所だった場所を改修した施設でした。

近くには有名な神戸税関もありレトロな建物が多い場所で、KIITO自体も中はレトロな雰囲気が残っており良い感じでした。

勉強会参加費500円で、お菓子・ドリンクとお土産付き

ジーフラットさんの勉強会には今回初めて参加させていただいたんですが、勉強会中にお菓子やドリンクが出るのが定番のようです。

当日お話をしてくださった社長さんのお気に入りのお菓子とのことでしたが、美味しかったです!

会場後方には施工事例や実際に使う素材が置いてました

会場後方には今までジーフラットさんが手がけられた施工事例が置いてありました。

この施工事例の本は絵本くらいのサイズで写真集のような形で、物件のBeforeとAfterが分かる形になっていました。

この本がリノベーションの施工完了後にもらえたら、より一層自分の家に愛着が湧くなぁと思いました。

それ以外にもリノベーションの際に使われる木材やタイルが置いてあり、素材の手触りや匂いを確かめることができました。

勉強会の内容

今回の勉強会の大きなテーマは下記のとおりです。

  • 会社紹介
  • 新築とリノベ
  • 事例紹介(耐震とか)
  • お金のはなし
  • 物件探しのコツ

それぞれで印象的だった部分をピックアップしていきますね。

会社紹介

ジーフラットさんはワンストップでリノベーションを請け負っておられる会社です。

なぜワンストップで行なっているかというと、新築やリフォームとリノベーションは施工ノウハウが違うから。

自分の知り合いの工務店に頼んだとしても、リノベーションの施工ノウハウがないと適切なプランニングができない。

よって、施工ノウハウがすでにあるジーフラットさんがワンストップで請け負っておられるとのことでした。

また、リノベーションというとスケルトンにしてから部屋を作り直すイメージが強いです。

ですが、ジーフラットさんではそのままで活かせる部分に関しては、そのまま使うとのことでした。

なので、必ずスケルトンにするというわけではなさそうです。

新築とリノベ

この箇所で印象的だったのは素材の話です。

新築の場合、フローリングは合板フローリングで作られることが多いです。

そのほうがコストが安く済むし、傷ついたり凹んだりしたとしても変えるのが容易だから。

ですが、ジーフラットさんの場合は本物の木を使ってフローリングや窓枠などを作られるとのことでした。

そのせいでリノベーション費用が上がるのでは? と思ったのですが、本物の素材を、コストバランスを考えながらプランニングできるのが自社の強みとのことでした。

個人的はせっかくリノベーションするのであれば素材にはこだわりたいと思いました!

また、キッチンの高さや備え付けの棚の奥行きなど、新築では100%自分の思い通りにはいかないですよね。

そこも造作をすることで100%自分の理想通りに作れるのがリノベーションのメリットだとおっしゃっていました。

事例紹介(耐震とか)

ここでは過去に手がけられた物件のBeforeとAfterの話を写真を交えながら聞かせていただきました。

その中で印象的だったのは築浅だから耐震性が高くて、古いから耐震性が低いということではない、という話です。

築年数が経っている物件で、家に出てる不具合を放置して使い続けるのが問題だということでした。

たとえば梁のずれであったり、基礎のずれであったり。

これらをリノベーションする際に直せば、築45年でも築55年の物件でも耐震性の高い物件にすることは可能です。

※実際に社長さんは築55年の戸建てを買ってリノベーションされたとのことでした。

よって、築年数で見るのではなく「立地」「価格」などの条件がマッチするかで選ぶべきとのことでした。

お金のはなし

ここは主にローンの話が中心でした。

中古物件を買ってリノベーションをする際、不動産会社やリノベーション会社によっては「住宅ローン」+「リフォームローン」という形でローンを通します。

ちなみにリフォームローンって金利何%かご存知ですか?

住宅ローンが1%切っている中、リフォームローンは多くのところで2%以上の金利がつきます。

じゃあ、リノベーションの分も住宅ローンで組んじゃえばいいやんって思いますよね。

これができる企業とできない企業があるんです。

それは銀行との信頼関係や過去の実績など様々な要素によって決まってきます。

よって、どこの企業に依頼するにしてもローンの組まれ方は注意しないといけないとのことでした。

物件探しのコツ

最後の物件探しのコツです。

この中で印象的だったのは「住んでもいいかなと思う物件はたくさん物件を見る中で1つか2つ。」という話でした。

SUUMOやHOMESなどで中古物件はたくさん出回っているようにみえます。

しかしその中で自分の希望の立地や条件に合うのは一握りもないんです。

実際に僕も勉強会後にSUUMOで探してみましたが、希望する条件と立地に合う物件は見つかりませんでした。

よって、その物件が自分の要望の40%を満たしてくれるなら買う。

残りの60%はリノベーションで解決する。という考え方が重要とのことでした。

例えば庭付きの一戸建てがいいからと、庭付きを条件に入れていると条件にあう物件は出てこない。

ですが、庭が作れるスペースさえあればリノベーションで後から希望にあった庭を作ることはできるのです。

このような視点で物件を探すことが大切とのことでした。

※ちなみに僕の譲れない条件は、マンションであれば「最上階」です!

まとめ

以上、ジーフラットさんの勉強会で学んだことをまとめさせていただきました。

ジーフラットさんは「今あるものを活かせるのであれば、手は加えない」「理想の家の60%はリノベーションでつくる」という点が印象的でした。

オープンハウスも年末まで予約でいっぱいとのことで、ますますリノベーションで理想の家を手に入れる方が増えたら嬉しいなと思いました!

ぜひ皆さんも気になる勉強会があったら参加してみてください。

それぞれの地域でおすすめのイベント



関連記事:


スポンサードリンク

 - ショールーム訪問記, リノベーション業者の評判・口コミ徹底比較まとめ