減築リノベーションで平屋暮らしを! 費用や相場まとめ

   

一軒の家に住む家族の構成は、徐々に移り変わっていくものです。

子どもが小さいうちは家族の人数が多く、ちょうどよい広さに思えた我が家。

子どもが独立すると広く感じられ、掃除や管理が負担になって持て余してしまう人も多いのではないでしょうか。

広い家の一部分しか使っていない方にご検討いただきたい手段が「減築リノベーション」です。

こちらでは、減築リノベーションの概要や注意点、実現までの流れなどをご紹介していきます。

減築リノベーションとは

リノベーションとは、暮らし方に合わせて住まいの形や設備などを変更する工事です。

古くなったものを新しくするだけのリフォームと異なり、新しい機能や性能をプラスする工事をこう呼びます。

「機能をプラスする」というと、設備を増やしたり建物を広げたりする工事を思い浮かべるかもしれません。

しかし、暮らし方に合わせて住宅の床面積を狭くする減築工事も立派なリノベーションです。

減築リノベーションには、建坪自体を減らす工事のほか、2階建ての建物の2階部分を撤去して1階建てにするという工事も含まれます。

減築は一見もったいない気もしますが、床面積が減れば掃除の負担が軽減できますし、2階がなくなれば階段から転落するリスクもありません。

平屋にすれば耐震性が向上しますし、家が小さくなれば採光性や冷暖房効率も高まります。

また、建築当時は適法であったのに、用途地域の変更などによって建ぺい率がオーバーしてしまった住宅のリフォームでは減築が必要です。

建ぺい率がオーバーしたままでは、住宅ローンの審査に通過しないためです。

減築することで、固定資産税の評価額が軽減されるケースも。

このように多くのメリットがある減築リノベーション。

若いころに住宅を建てた高齢者を中心に、関心が高まっています。

減築リノベーションの注意点

暮らす人の人数やライフスタイルに合わせて、住宅をサイズダウンする減築リノベーション。

注意すべき点は、収納スペースの確保です。

高齢の夫婦二人となると、それほど広い生活スペースは必要ありません。

ただし、居室の間取りにばかり気を取られていると収納スペースが足りなくなり、片付かないごちゃごちゃとした家になってしまいます。

高齢者はそれまで過ごしてきた時間に応じて荷物も多いので、収納専用のスペースを設けましょう。

ロフトなどを活用して普段使わない荷物をきっちりと収納すれば、すっきりと片付いた家になります。

減築リノベーションは大規模な工事となるので、一定の工期が必要となります。

予算を組む際は、仮住まいの期間の費用も考えておきましょう。

また、建物の構造によっては減築自体ができません。

事前に業者に相談しておくことが大切です。

減築リノベーションに必要な費用は?

減築リノベーションをすると、それまでの建物規模を維持してフルリノベーションをする場合に比べて工事費が安くすむことが多いといいます。

純粋に減築だけの工事費であれば、500万円から1000万円程度と考えればよいでしょう。

ただし、減築リノベーションは相対的に古い建物に対して行われることが多く、内外装や設備の交換も合わせて行うことがほとんどです。

2階建てを減築して平屋にする場合、工事全体で1000万円から2000万円程度の費用がかかるケースも珍しくありません。

ただし、減築後は屋根や外壁の塗替え費用といったメンテナンス費用が抑えられます。

何社かに相談をして、プランや費用を比較して決めることをお勧めします。

減築リノベーションの流れ

  • 施工業者の選定、決定
  • 仮住まいの手配
  • 荷物の整理、仮住まいへの引越し
  • 確認申請(必要な場合。業者に確認)
  • 近隣あいさつ
  • 着工(飛散防止ネット等の養生、足場組立て、解体、構造、内外装、清掃)
  • 完成、役所による完了検査
  • 引渡し、引越し

通常のリノベーションと違う点は、解体工事の規模です。

工事が大規模だと、新築と同様建築確認申請が必要になることも。

解体に伴って砂ぼこりや車両の出入りが発生し、ご近所に迷惑がかかる可能性も十分にあります。

無用なトラブルを起こさないよう、近隣あいさつは事前にしっかりと行っておきましょう。

まとめ

減築リノベーションによって2階建てを平屋にする場合、耐震性が高まることから耐震補助金の対象となることがあります。

お住いの自治体で独自に補助金制度が設定されていないか、事前に確認してみましょう。

業者がすべての制度を把握しているとは限らないので、自分でも情報収集することをおすすめします。

自分に合ったサイズの家になれば、毎日のお掃除もラクになり、維持費の負担も軽減されます。

快適な暮らしを手に入れる方法として、一度検討してみてはいかがでしょうか。

中古マンションで自分にピッタリの暮らしを

新築マンションの画一的な部屋では満足できない・・・
そんな方には、自分の好きなようにデザインできる「リノベーション」がおすすめ!

まずはどんな部屋が作れるのか、無料で見学できるイベントに参加してみましょう。

おすすめのリノベーション会社はひかりノベ

関東圏でリノベーションを検討されている方には、「ひかりノベ」がおすすめです。

ショールーム自体もリノベーションしたお部屋ですので、実際にリノベーションした部屋がどうなるか見たい方はお越しください。
>>見学会日程を見てみる

また、関東圏以外で検討されている方は「リノベる」がおすすめです。

 - リノベーションお役立ち情報