おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

和モダンリビングのメリットおよび注意点とは

      2019/01/02

日本に古くからある畳や障子を使ったお部屋は日本人としてなじみ深いですよね。

そこに欧米の要素取り入れた現代のスタイルが和モダンです。

「和」に関しては無垢材や白壁・珪藻土や畳、障子などを取り入れ、かつ日本人の私達にもすでに慣れ親しんだモダンな洋風テイストを加えます。

本記事では、和モダンをリビングに取り入れる際のメリットやデメリット、注意点についてお伝えします。

和モダンリビングとは

和モダンな要素をリビングに取り入れる方法はいくつかありますが、ここでは代表的な方法を3つご紹介します。

  • 素材に和のものを取り入れる
  • 掘りごたつダイニングを取り入れる
  • 畳リビングを取り入れる

それぞれ見ていきましょう。

素材に和のものを取り入れる

例えば、通常はただの白壁にするところを、木格子のパーテーションにするなどことで和風テイストを加えつつ、モダンな印象に仕上げることができます。

堀りごたつダイニングを取り入れる

こたつと言えば和を象徴するものでもありますが、そこに洋風なテイストを加えた堀りごたつダイニングをリビングの隣に配置することで、和モダンリビング(正確にはリビングダイニング)にすることができます。

畳リビングを取り入れる

最近は家の中に和室を設けることが少なくなってきましたが、日本人としては畳があるとどこか落ち着きますよね。

そこで、洋風テイストのリビングの中に、一部畳スペースを取り入れることで和モダンテイストを作ることができます。

以上、3つの方法をお伝えしましたが、他にもいろいろ方法はあります。

今回ご紹介した方法の内、堀りごたつダイニングや畳リビングは実用性にも優れます。

ご自分の生活スタイルと照らし合わせて、どんな方法がよいか検討していくとよいでしょう。

和モダンリビングのメリット・デメリット比較

和モダンリビングを採用した際、メリットもありますが、メリットがあれば、デメリットも存在します。

和モダンリビングのメリット1:見た目がおしゃれ

和室は日本人にとってなじみ深いものです。

ですが、畳やふすま、仏壇や神棚といったものを設置する必要性がなくなり、また「古臭さ」や「昭和的」なイメージがあることから最近の新築住宅では和室が一切ないことも珍しくありません。

和のよいところと現代的な洋風テイストを足し合わせた和モダンリビングには後者の「古臭さ」や「昭和的」なイメージはありません。

できるだけ、木の風合い、土壁などの素材感を活かしながら、シックな色合いで統一していく美しさ。
 
落ち着きある空間に仕上げていくのが和モダンの魅力です。

和モダンリビングのメリット2:リラックスできる

畳や無垢など、和の要素が取り入れられた空間は日本人にとってリラックスできる場所になります。

また、畳や無垢は大気中の水分を吸収・放出してくれる調湿機能を持っていることから、梅雨・夏時期には湿気を吸収し、冬の乾燥時期には水分を放出してくれるなど、健康面にもプラスです。

和モダンリビングのデメリット:費用が掛かる

和モダンリビングでは、無垢や土壁など、よい素材を使うことで費用が高くなるのが一般的です。

あまり費用を抑えすぎるとご自分の求めるお部屋になりづらく、かといってこだわると際限なくよいものが存在します。

ご自分の予算感を確認しながら担当の方と打合せしていくようにしましょう。

和モダンリビングを設置・導入する際の注意点

和室の畳は自然素材のため、カビが生えたり、ダニが発生したりします。

また、土壁も経過年数とともにヒビが入ったり、最悪の場合、剥がれ落ちたりします。

この辺りは工務店の方に相談すれば対策方法などを教えてくれるでしょう。

和モダンリビングへのリノベーションでは、自然素材のトラブルも含めて、建築時の工法の知識や技術がとても重要です。

昔の素材や建築様式を取り入れる場合も、知識と経験がなければ取り入れることができません。

最初の段階で、信頼できる工務店を探すことが良い和モダンリビングを完成させることにつながります。

まとめ

和モダンリビングは和のテイストがお好きな方にとっては非常に魅力に感じるものでしょう。

特にリビングは、一番長く家族で過ごす場所なので、こだわりたいところですよね。

費用面やメンテナンス面など、和モダンリビングの実現には壁もありますが、一生お付き合いのできる工務店を見つけることが大切だと言えます。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報, 用語集