部屋の壁をスケルトンからやり直せるとしたら、スケルトン・壁紙・塗装どれを選ぶ??

      2017/01/28

中古マンションをリノベーションする際には、壁をどうするか悩む人もいることでしょう。

選択肢としては「スケルトン(そのまま)」「壁紙」「塗装」のいずれかです。

そこで今回は「壁の塗装をやり直せるとしたら、どれを選ぶか」をアンケートであつめました。

これからリノベーションを考えている方の参考にして下さい。

部屋の壁をスケルトンからやり直せるとしたら、スケルトン・壁紙・塗装どれを選ぶ??

graph-kabegami

以上のように「壁紙」を選択された方が6割強・「スケルトン」と「塗装」を選択された方がほぼ同数となりました。

ではそれぞれを選択された方の意見を見ていきましょう。

壁紙を選択した方の意見

kabegami

すべて自由にできるスケルトンも魅力的ですが、ゼロから考えることが自分は苦手なので、好きな壁紙を選ぶぐらいのやり直し方がちょうど良いです。落ち着いた空間に合う壁紙を選んで、気持ちよく暮らしていける部屋にしたいです。(20代女性)
壁紙だと自分の好みに合ったバリエーションが豊富にありそうなので、選ぶなら断然壁紙を選びます。
スケルトンのままだと全体的に部屋の中が貧乏くさい感じがしていい印象が持てませんし、塗装だと何だか安っぽく見えてしまう気がするのでこの二つは選びたくありません。(20代男性)
自分の好きなように壁紙を可愛いのにしたり、シンプルにしたり好きなように選ぶことができるので楽しい感じの部屋などにできそう。
スケルトンは希望的嫌で、塗装だとペンキなど使うので臭いなどもきになりそうであまり好まないです。(30代女性)
スケルトンのままではあまりにもシンプルすぎて面白味に欠けますし、塗装は仕上がりが綺麗だけどデザインの選択肢が狭いのが難点。
これらと比較すると豊富なデザインから部屋の内装を選択できる壁紙に魅力を感じます。(20代男性)
壁紙は温かみがあると思います。もちろん好みで張り直しもできるし。
小さな子がいると、塗装だけだと固くてケガが心配。
若い人には塗装も流行りでいいかもしれませんが、壁紙のほうが、お年寄りも安心できると思います。(40代女性)
自分で手直しするのなら、より失敗の少ないと思える壁紙を選択します。
最近は壁紙のバリエーションも無地だけじゃなく、柄ものも豊富に揃っているのでその人にあったタイプがあると思います。
あと、リメイクのし直しが気軽にできるのもメリットだと思います。(20代女性)
壁紙なら気に入らなくなったら貼り直すことができるから。子供が落書きなどのいたずらをしても壁紙なら後始末が楽そうなので。
今まで部屋の壁は壁紙だったので他の方法だとどのようになるのか想像がつかないので壁紙がいいです。(30代女性)

簡単にデザインを決めたい方は壁紙がオススメ

壁紙なら豊富なデザインの中から選択することで、おしゃれな部屋を作ることができます。

もし設計会社に提示された壁紙の中に気に入ったものがなければ、自分で探して「施主支給」とすることもできます。

スケルトンを選択した方の意見

sukeruton

最近はコンクリート打ちっ放しのままの壁にしたデザイナーズマンションが、無骨なイメージがあってお洒落という傾向があるのと、あえてスケルトンにしておくことで、入居した人が自由にアレンジ出来、人によってセンスが発揮出来て良いと思います。(40代男性)
スケルトンのままでもお洒落な感じがするし、スケルトンに飽きたら、自分で好きなようにDIYしてアレンジも出来そう。
スケルトンのままだと掃除もしやすそう。掃除で塗装や壁紙を傷つけたり、剥がれたりする心配があまりなさそう。(30代女性)
部屋の壁紙が10年も経過しないうちにはがれてきました。
業者の施工に問題があったのだと思いますが、あちこちが浮き上がっていてみっともなく思います。
それならばスケルトンのままというのも面白いと思いました。(40代男性)

DIYでアレンジできる方にはスケルトンがおすすめ

最初に壁紙や塗装をしてしまうと、後から剥がして別のものに取り替えるというのは簡単ではありません。

よって、DIYでアレンジしたいという人は最初スケルトンにしておいて、飽きたらその時の部屋の雰囲気に合わせて塗装をするということもできます。

塗装を選択した方の意見

penki

スケルトンのままだとちょっと部屋が寂しい雰囲気になってしまいますし、壁紙にすると一部分だけが破れたり傷ついてしまった場合に一面すべて張り替えないといけないのでちょっと面倒に思います。

よって塗装が一番良いと思いました。(30代男性)

壁紙だと変えたくなった時にはお金も手間もかかりますが、塗装であればホームセンターでペンキを買ってくれば、自分で塗り直すことが出来、部屋のイメチェンを簡単にすることが出来ます。

スケルトンのままというのは味気ないので選びません。(20代女性)

2年前に一戸建てを新築した者です。内装の壁はほとんどクロス張りにて施工致しました。

住んでみて分かったのが、特に出スミ部分の壁紙は掃除機、爪などが引っ掛かったりしただけで、傷がつきやすい物が多いから塗装というか塗壁にすれば良かったと思う。(30代男性)

費用を抑えたいなら、自分でできる塗装がオススメ

セルフリノベーションは可能?DIYで費用を抑えられる部分とは?
上記でも書いたように、自分で塗装をすることで「沖縄旅行2人分位の費用」の費用を浮かせることができます。

よって、費用を抑えながらも、家具などとの雰囲気を合わせたいのであれば塗装がおすすめです。

注意!:スケルトン・塗装の際は壁の突起物に注意しましょう

sukeruton-7

元々壁紙を使っていた物件の場合、上記写真のように壁から突起物が出ています。

これは壁の中に埋め込まれているので外すわけにも行きません。

よって、スケルトンや塗装を行う際には怪我をしないように気をつけましょう

◯調査概要
・調査期間:2016/10/04~2016/10/05
・調査方法:インターネット調査(クラウドワークス)
・対象:全国に居住する20代~60代の男女
・有効回答数:100名

中古マンションで自分にピッタリの暮らしを

新築マンションの画一的な部屋では満足できない・・・
そんな方には、自分の好きなようにデザインできる「リノベーション」がおすすめ!

まずはどんな部屋が作れるのか、無料で見学できるイベントに参加してみましょう。

おすすめのリノベーション会社はひかりノベ

関東圏でリノベーションを検討されている方には、「ひかりノベ」がおすすめです。

ショールーム自体もリノベーションしたお部屋ですので、実際にリノベーションした部屋がどうなるか見たい方はお越しください。
>>見学会日程を見てみる

また、関東圏以外で検討されている方は「リノベる」がおすすめです。

 - リノベーションニュース