おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

「定額」でマンションをリノベーションしてくれるプランのメリット・デメリット

      2018/12/17

マンションのリノベーションをする上で、多くの人が不安に思うのはやはりコストの部分ではないでしょうか。

今、その不安を払しょくする「定額制」のリノベーションが人気を集めつつあります

定額制リノベーションとはどのようなもので、どんなメリットがあるのでしょうか?

また、定額制によるデメリットはないのでしょうか?

ここではマンションのリノベーションを検討中の方に、選択肢のひとつとして定額制リノベーションを詳しくご紹介していきます。

定額制リノベーションとは?

リノベーション工事は内容が決まっていないため、「いくらくらいかかる」という目安がありません。

こだわりを積み重ねれば、際限なく費用が膨らんでいってしまいます。

工事の必要性を感じつつも、「高いんだろうな」という不安から「業者に声をかけづらい」と感じている方もいるのではないでしょうか。

定額制リノベーションは、そんな不安を払拭するために生まれました。

「1平方メートルあたり●万円」「3LDKあたり〇万円」など、面積や間取りに対して工事代金が決まっているプランです。

工事に使用する建材や水回り設備などの仕様を、業者があらかじめ選定。

面積あたりの料金が明確化されているので安心して依頼することができます。

さらに、リノベーション工事として必要な内容がひと通り盛り込まれているので、思わぬ追加工事による費用が発生する不安もありません。

標準仕様にオプションをプラスすれば、設備のグレードアップや追加、バリアフリー化なども可能です。

定額制リノベーションのメリット

メリット1:広さから費用を想定しやすい

定額制最大のメリットは、部屋の広さからリノベーション工事の費用が判断しやすくなるという点です。

標準仕様の内容や価格は業者によってさまざまですが、面積あたりの費用を比べればいいので、業者ごとの費用の比較もかんたんになります。

費用への不安がなくなるので、リノベーション工事に踏み切りやすくなる点もメリットかもしれません。

メリット2:デザインの統一がしやすい

業者によっては、内装デザインの方向性によっていくつかのデザインパッケージを用意しているケースも。

床材や壁紙の質感はもちろん、照明や取っ手などの細かいところまでデザインが統一されているのが魅力です。

自分では見逃しがちな点までテイストの統一が行き届いているので、部屋を見渡すたびにうれしくなりそうですね。

メリット3:仕入れの合理化による低価格化

定額制リノベーションのもう一つの魅力は、内容に対するコストパフォーマンスの良さにあります。

リノベーションをパッケージ化している業者では、設備や建材をある程度統一しているので、メーカーからの一括仕入れが可能です。

メーカーは一定量をまとめて仕入れてくれる業者を優遇するので、仕入れコストが削減可能に。

それによって、内容に対して費用が割安になるというメリットがあるのです。

定額制リノベーションにはデメリットも

コスト面でもデザイン面でも、魅力が多い定額制リノベーション。

デメリットを挙げるとすれば、自由度の低さです。

標準仕様が決まっているということは、それ以外の仕様を選べば、オプション価格が追加されるということ。

オリジナリティの高い工事をしたいのなら、定額制リノベーションはおすすめできません。

リノベーションの実績が豊富にある業者で、希望の工事内容やイメージを伝え、オリジナルのプランを組んでもらうよう相談してみましょう。

どこまでをまかせるかが成功のカギ

リノベーションの成否を分けるのは、空間全体をどれだけ具体的にイメージできるのかという点です。

素人の場合、センスのよい人であっても立体的な空間全体をイメージすることは、あまりできません。

具体化できない部分は無理に自分で決めようとせず、空間設計のプロであるデザイナーにまかせることも必要です。

デザイナーにまかせる部分と自分でこだわる部分を明確化し、暮らしやすい空間を実現しましょう。

まとめ

こちらではマンションの定額制リノベーションマンションのメリットや、デメリットについてご紹介しました。

費用の目安がわかりにくいリノベーションで、想定とかけ離れる金額にならないという点は魅力ではないでしょうか。

多くの業者では定額制リノベーションでも、間取りなどの大幅な変更をともなう工事が可能です。

リノベーションをご検討中の方は工事代金の相場をつかむためにも、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報