リノベーション会社徹底比較

【リノベーション用語集】スキップフロアのメリットおよび注意点とは

   

段差を活かした間取りのスキップフロアをご存知ですか?

1階と2階の間に中2階を作ったり、半地階を設けたりとアクティブな設計が可能なことが特徴です。

一般的な住宅は部屋を壁で仕切るように考えますが、スキップフロアでは家全体を一つの空間として考えます。

縦の空間を有効利用することで、敷地面積の限られた土地でも充分な広さを感じさせる住宅を建てることも可能になります。

ただし、縦の空間を活用するにはさまざまな工夫が必要となるため、経験豊富な設計しに依頼すべき、といった注意点もあります。

ここでは、スキップフロアについてのメリット・デメリット、注意点についてお伝えしていきます。

スキップフロアの用途とは

一般的な住宅は横の空間を利用する設計なのに対し、スキップフロアは縦の空間を利用します。

空間を壁で仕切る従来の設計に対して、段差を設けて空間を緩やかにつなげるのです。

壁で仕切らずに高さを活かす設計は、廊下が不要なケースもあります。

廊下を採用しない場合、その分を建築面積を節約できるので、狭い土地でも縦の広がりを活かした設計が可能となります。

スキップフロアのメリット・デメリット比較

スキップフロアにはどのようなメリット・デメリットが存在するのでしょうか?

スキップフロアのメリット1:風通しと日当たりが良い空間

壁で仕切るのではなく、段差を利用する設計のためオープンな空間となりやすいのが特徴です。

スキップフロアを採用した場所は吹き抜けになることが多く、また各部屋を壁ではなく高低差で仕切ることもあり、風通しと日当たりのよい間取りとすることができます。

簡易的なスキップフロアとしてよく見られるのが、階段部分の一部を小上がりにしているもので、そのスペースの上部は吹き抜けになっています。

そのため、高いところから日を取り入れることが可能になります。

スキップフロアのメリット2:狭い土地にも適した設計

一般的な横に広がる設計に比べて、縦への広がりを取り入れたスキップフロアは狭い土地への建築で、特に高い効果を発揮します。

廊下や壁のスペースを設ける必要が無いので、その分居住スペースに割くことができます。

また、スキップフロアでは段差を活用することが多いですが、段差で分けた居室の下には収納を採用するなど、デッドスペースを有効に活用できます。

先ほどの例と同じく、階段に小上がりを設けるパターンでは、階段下を大きな収納としているものがよく見られます。

収納といっても高さは1.4mまで確保しているものが多く、ホームシアターなど趣味に活用されている方もいらっしゃいます。

スキップフロアのデメリット1:設計難易度が高い

スキップフロアは一般的な横のつながりでなく、縦のつながりを基本とする設計を行います。

フラットな横のつながりであれば、人はストレスなく移動することができますが、縦のつながりが入った部屋はよく考えないと非常に生活しづらいスペースにもなりえます。

スキップフロアのデメリット2:バリアフリーという面からはマイナスが大きい

家は住みながらライフスタイルが変化していくものですが、スキップフロアのような段差を活かした間取りでは、高齢になってからの生活に支障が生じやすいです。

横だけでなく、縦の変化のある住宅はユニークで、楽しい生活を送れる住宅で、お子さまからの人気も高いですが、高齢になった時を想定して、フラットなスタイルに戻しやすいリノベーションを意識することが大切でしょう。

スキップフロアを設計・建築する際の注意点

スキップフロアを設計・建築する際にはどのような点に注意するとよいのでしょうか?

家を建てる際に建築基準法に適合しているか

横への広がりを基本とする従来の家との違いが多いスキップフロアは、高低差を利用して中2階や半地階を設けていきます。

建築する際の法律は、行政の解釈によって判断が異なります。

2階建ての設計で、中2階を設ける場合は3階建てとの解釈もあります。

スキップフロアを採用するのであれば、その土地でスキップフロアに関する実績のある業者に依頼するようにしましょう。

プライバシーの確保に注意する

ライフスタイルの変化に気をつけるということと同意でもありますが、住んでいる内に家族は年齢を重ねていきます。

開かれた空間はお子さまが幼いうちは、楽しく、わくわくしたお家になるとともに、親から子供を見守りやすい環境にもなります。

しかし、お子さまが中学生、高校生になるとプライバシーを確保したくなるものです。

こうしたことからも、スキップフロアを設けるのであれば将来のリノベーションを考えた設計が必要だといえるでしょう。

まとめ

スキップフロアについて、その特徴やメリット、デメリット、注意点についてお伝えしてきました。

スキップフロアは一般的なお家にはない、縦のつながりがもてるという点で楽しく、わくわくするお家とすることができ、また特に都心部では狭小地でも広くスペースを確保できるというメリットがあります。

一方、空間把握が難しく、設計難度が高いばかりか、住まれているエリアによって取扱いの異なる法律の問題もあります。

スキップフロアを採用する際は、必ず、そのエリアで実績のある業者を選ぶようにしましょう。

それぞれの地域でおすすめのイベント



関連記事:


スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報, 用語集