リノベーション会社徹底比較

住友不動産の新築そっくりさん「新春住まいの大リフォーム博」に行ってきた感想

      2018/08/31

リピタをご覧いただいている皆様、こんにちわ。

今回は2018年1月6日から10日まで大阪梅田で行われていた、新築そっくりさんの「新春住まいの大リフォーム博」に行ってまいりました。

事前に阪急電車の中吊りでチラシを見た時は「入場無料」「セミナー無料」「相談無料」ということが謳われていたので、自分でも回って見れるし相談ブースもあるのかなと思っていました。

ですが、実際に行ってみると予想とは違っていました。

入口で捕まえられ、すぐに相談席へ

大リフォーム博が行われていたのは阪急百貨店だったので、阪急梅田・JR大阪駅からすぐの会場でした。

入口について入ろうとすると、住友不動産の社員さんらしき女性に「いらっしゃいませ、お一人ですか?」と声をかけられ相談ブースへ連れて行かれました。

会場に入ってみて初めてわかったのですが、会場内の3分の2程度は相談用の椅子と机で埋められており、実際の設備などを見れるスペースは3分の1程度しかありませんでした。

ちなみに、相談ブースにいたのは年配の方が多かった印象です。やはり、住友不動産っていうネームブランドに安心感があるのでしょうか。

「なんか思ってたのと違うなー」と思っていると、アンケートの記入を求められました。

記入した内容は覚えてる限り以下の通り

  • 名前
  • 住所
  • メールアドレス
  • 何を見てきたか
  • いつリフォームを考えているか
  • どの程度のリフォームを考えているか(部分的or全体的)

ここまで記入すると、先程の女性からSE(サービスエンジニア)と呼ばれる営業担当の男性に変わりました。

その後追加で「リフォーム予定の家の広さ」「リフォームしようとしている理由(古いから隙間風があるなど)」を聞かれました。

そしてその後に新築そっくりさんがなぜおすすめなのかを説明してもらいました。

新築そっくりさんがおすすめな理由

1.新築を建てる50%から60%で家中リフォームできる

1つ目の理由は費用的な面です。

リフォームなのでどの範囲までやってもらうかによって価格は変わります。

選択肢としては下記のようなものがあります。

  • 水廻りだけリフォームする
  • 外観も綺麗にする
  • 間取りも変更する
  • 全て新築同様の性能に戻す

新築そっくりさんの場合、戸建てのまるごとリフォームであればおおよそ1,000万円くらいで対応可能とのことです。

安さの理由は、大手企業だから大量に仕入れをすることで卸価格を下げることが出来るためと言ってました。

2.SE(サービスエンジニア)が一貫して担当

2つ目の理由は、営業担当のSE(サービスエンジニア)が相談時から引き渡しまで一貫して担当する体制です。

なお、SE(サービスエンジニア)は単なる営業担当ではなく建築に関する仕事に関わっていた人がなるようです。

僕の話を聞いてくれた方は、元設計事務所勤務という話でした。

3.オーダーメイドリフォームかつ定額制

新築そっくりさんでは、見積もりの前に書きを無料で行ってくれます。

  • 建物調査
  • 耐震診断
  • 改修プランの提案

この建物調査の際には室内だけでなく、屋根に登っての調査や床下に入ってのシロアリの調査も行ってくれます。

これに基づいて、1,000を超えるメニューからそれぞれの家にあったリフォームプランの提案・見積もりをしてくれます。

そして一度契約した後は、壁を剥がした後に柱が腐っていたり、シロアリが新たに見つかったりしたとしても追加料金はかからないとのことです。

その他アフターフォローの体制や品質保証体制なども聞くことが出来ました。

※この説明で聞いた資料は、帰る時にまとめてもらえます。

この時点でかなりの時間説明を聞いていたので、結構しんどかったですね。

この説明の後に「建物調査や耐震診断は無料ですし、仮で日程設定して訪問させてもらえないですか?」と日程を詰められました。

ちなみに建物調査は2時間から3時間程度かかるとのことでした。

以上の体験から、どんな人であれば参加をすすめるかをまとめてみます。

住まいの大リフォーム博への参加をおすすめする人

1.まだリフォームを検討しだした段階で、何を考えないといけないかわからない人

最初に考えられる対象者は、リフォーム・リノベーションを検討し始めたばかりの方です。

リフォーム・リノベーションは自分で考えて決めないといけないことがかなり多いです。

よって、まず思考を整理するためにSE(サービスエンジニア)に質問してもらいながら考えを整理するというのはおすすめです。

2.自分の家がリフォームに耐えられるか分からない人

次はリフォームしたいけど、今の家の状態が分かっていない人です。

今の家をリフォームするには、雨漏りで木材が腐っていないか・シロアリに基礎がやられていないか等の点検が必要になります。

ですが、通常こういった点検をしようと思うとこれくらいの金額がかかってきます。

  • シロアリ点検:9,000円
  • 雨漏り調査:6,000円
  • 耐震診断:13,000円

ですが、住友不動産に依頼することでこれらの検査を無料で行ってもらうことが出来ます。

また、そこでもらった耐震診断の結果を元に他のリフォーム会社やリノベーション会社とも相談を行うことが出来ます。

(この内容は担当の人も営業トークで言っていたので問題ないです。)

まとめ

以上、新築そっくりさん「新春住まいの大リフォーム博」に行った感想でした。

リノベるひかリノベの説明会に参加したことがありますが、今までその場で日程などの決断を迫られたことがありませんでした。

よって、今回のようにゴリゴリ日程を詰めてこられるとちょっと引いてしまいますね・・・。

リフォームやリノベーションに関しては、1社だけの相談で決めるのではなく複数社の意見やデザインを見てから決めるのがおすすめです。

その入口として、大リフォーム博に参加されるのは良いと思いました。

家の近くで行われる可能性もありますので、樹になる方はこちらを見てみてください。

スポンサードリンク

 - ショールーム訪問記, リノベーション業者の評判・口コミ徹底比較まとめ