おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

セルフリノベーションは可能?DIYで費用を抑えられる部分とは?

      2017/09/19

最近セリフリノベーションがメディアでも取り上げられ人気です。

壁紙の張り替えやフローリングの張り替えであればイメージがつきますが、実際セリフリノベーションはどの程度まで可能なのでしょうか?

セルフリノベーションでできることとできないこと・DIYが苦手でもできることと、DIYで抑えられる費用についてお伝えします。

セルフリノベーションで出来ること

セルフリノベーションとはその名の通り、業者を使わずにDIYで家をリノベーションすることです。

セルフリノベーションのメリットはなんといっても安く済むことです。

しかし、メディアではビフォー&アフターしか写しませんが、想像以上に根気と体力のいることだということは理解しておきましょう。

また、セルフリノベーションには自分でできるものと、プロの任せたほうが良いものがあります。

自分でできるものとしては、以下のようなものがあります。

  • 壁紙やフローリングの貼り替え
  • 漆喰やペンキで壁塗り
  • 自作棚の作成
  • 畳の張り替え
  • 外壁塗装

壁紙の張り替えや漆喰塗りは初心者用のセットが売られているので最初はそうしたセットを利用すると良いでしょう。

特に漆喰塗りは技術を要するため、左官職人さんに依頼すると数十万円単位のお金がかかります。

セルフリノベーションするか業者に依頼するかは慎重に検討しよう

上記以外にもキッチンやお風呂、洗面所の取り換えなどは自分でできないこともないです。

ですが、ガス管や水道管、電気との接続もあるため配管関係部分だけは業者に依頼したほうが良いです。

このような場合、全て業者に任せてしまった方が良いのか、接続だけ業者に依頼した方が安くつくのか慎重に検討する必要があるでしょう。

自分でやらないほうが良いこと

リノベーションには、自分でやらずプロに任せた方がよいこともあります。

  • 給水管の移設
  • ガス管の移設
  • 電気の接続
  • 壁を壊すこと

給水管やガス管、電気の接続は漏水や漏電、ガス漏れの恐れもあるため知識のない方は自分でやるべきではありません。

また、壁を壊したり新しく造ったりする場合には注意が必要です。

家は耐久性を計算して柱や壁、梁が入れられており、壊しても良い壁と壊したら充分な耐久性を保てなくなる壁が存在するからです。

壁を壊した結果、法に触れてしまう可能性もあります。

壁を壊す際には専門家に依頼するか、助言をもらうようにしましょう。

マンションの管理規約にもご注意を

マンションのセルフリノベーションを検討している場合、マンションごとに定められた管理規約に従う必要があります。

マンションによっては上下階の音の問題のため、フローリングに利用できる床材を規定していたり、電気やガスの容量が定められていたりする場合があります。

また、工事期間中は素材の搬入や工事中の音で近隣の方に迷惑をかけてしまうこともあります。

できるだけ短い期間で工事を終わらせてしまうようにしましょう。

DIYが苦手でも出来る事とは?

セルフリノベーションをするにあたって、手先の器用さに自信のない方はDIYできるかどうかに不安がある方もいるでしょう。

とはいえ、壁紙の張り替えや壁に漆喰を塗る程度であれば初心者用にセットが販売されていることもあり、気負わず簡単にDIYすることができます。

壁紙の張り替え

現在の日本のほとんどの住宅では内側の壁に壁紙が使用されています。

壁紙にはさまざまな模様のものがあり、木目調のようなものもありますが、プリントしたものがシート状になっているだけです。

壁紙の張り替えは、壁紙を剥がして下地を作り、糊を塗って新しい壁紙を貼るだけなので、基本的には誰でもできます。

慣れるまではキレイに貼っていくのが難しいですが、コツを覚えれば徐々に上手く貼れるようになるはずです。

漆喰を塗る

漆喰塗りは、本来は左官職人の手によって要望に応じた材料の配合がされますがDIYでする場合は市販のものをコテで塗っていくだけです。

また、本来の漆喰塗りは下地作りから始めますが、初心者用のセットであれば壁紙のものから直接塗ることができます。

さらに素人にも塗りやすいように接着剤が多めに混ぜられているものもあります。

プロの手で漆喰を塗ってもらえれば非常にきれいな仕上がりとなりますが、素人の手で塗られた漆喰も、下手さがかえって味のある仕上がりに見えます。

壁塗りで沖縄旅行2人分くらいの費用が浮く?

壁紙の張り替えの場合、壁紙を貼っていくだけなのでプロに依頼しても6畳用のお部屋で30,000円位のものです。

一方、漆喰塗りの方は左官職人に依頼すると、10㎡で10万円位の費用がかかります。

漆喰塗りする部屋の広さにもよりますが、30㎡~50㎡で30万円~50万円にもなります。

DIYの費用は6畳用の初心者用壁紙張り替えセットで1万円程度、20㎡の初心者用漆喰塗りセットで20,000円程度。

なので、漆喰塗りをDIYできれば沖縄旅行2人分位の費用を浮かせることができます。

まとめ

セルフリノベーションの良いところは、DIYを楽しむことももちろんそうですが、何より費用を安く抑えられることにあります。

漆喰塗りのように、自分で比較的簡単にできて、初心者の下手さがかえって味になるようなDIYを選んですると効果的でしょう。

また浮いた費用で旅行など楽しめたら一石二鳥ですね。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報