リノベーション会社徹底比較

【必見】リノベーションとリフォームの違いは配管にあった!

      2017/09/19

建物のリフォームを考えているけど、どこまで工事すれば良いのか分からない。

工事業者に相談に行ったらリノベーションの提案を受けたのだけど、リフォームではなくリノベーションをするメリットにはどのようなものがあるのか。

そのような疑問にお答えします。

なお、リノベーションの最大のメリットは水道管などの配管を【塩化ビニル管】に交換できることです。

塩化ビニル管に換えるだけで半永久的に利用でき、清潔な水が飲めるなどいくつものメリットが生まれます。

気になる方は専門の会社に一度相談してみてください。

リフォームとリノベーションの違いとは

リフォームとリノベーションは何となく同じような意味で使われているため、その違いについて答えられる方はそう多くないのではないでしょうか。

一般的にリフォームとは、老朽化した建物を新築の状態に戻すことを指します。

基本的には壊れていたり、汚れていたりする部分を元の状態に戻すことがリフォームで、よくマイナスのものをゼロの状態にするという表現がされます。

一方、リノベーションとは既存の建物に改築工事を行い、新築の状態よりも性能を向上させたり、価値を高めたりすることを指します。

デザイン性を向上させたり、ライフスタイルの変化に合わせて間取りを変更させたりする工事がリノベーションに当てはまります。

リフォームはマイナスのものをゼロにすると表現しましたが、リノベーションはゼロ以上にまで価値を増加させることが目的だと言えるでしょう。

リフォームは配管を交換してくれない

建物のリフォームやリノベーションにおいて大切なものに水回りの修繕・改良があります。

この水回りの修繕・改良工事に絞ってリフォームとリノベーションを分かると、リフォーム工事ではシステムキッチンやユニットバスの入れ替え程度に留まります。

一方、リノベーション工事では水道管や排水管の変更など大規模な工事も含みます。

リノベーションはスケルトン工事を行う

リフォーム工事では表面に見えている壁紙やフローリングの張替、住宅設備機器の変更しかできませんがリノベーション工事は違います。

リノベーション工事では、柱や梁、外壁、屋根などの構造部分を残して壁や床などを撤去するスケルトン工事を行います。

配管などの給排水設備は20年程で取り換えをする必要があると言われており、これはリノベーション工事を行わなければ手を出せないところです。

リノベーションの魅力

リノベーションは建て替え工事に近い程、自由に建物を設計することができます。

柱や梁などに影響を与えない範囲で間取りを一新することもできますし、キッチンやお風呂を最新のものに取り換えることもできます。

リノベーションの魅力はこうした自由さにあるでしょう。

リノベーションの期間

建物の表面だけを変更するリフォーム工事であれば1~2週間で工事を済ませることができますが、リノベーション工事ではそうはいかず、だいたい工事期間に1~2カ月はかかると考えておきましょう。

また、リノベーション工事は設備や内装を全て引きはがすため工事中は済むことができず、工事期間中は仮住まいを用意する必要があります。

配管を塩化ビニルに変えることで50年持つ

折角リノベーション工事を行い、配管を交換するのであれば耐久性の高い配管を選ぶようにしましょう。

そこで、給排水設備の配管には塩化ビニルを利用することをおすすめします。

塩化ビニル管は50年以上持つと言われており、紫外線の影響による劣化等、特別な状況を除けばほぼ半永久的に利用していくことができます。

水道管などの配管を交換するメリットとは

日常の生活ではあまり気にならない給排水設備ですが、配管の中は日々腐食が進んでいます。

新築の時期により配管の素材は異なりますが、築20年を超える建物は内部の腐食が進んでいる可能性が高いです。

配管を交換するメリットには、以下のようなものがあります。

水が清潔でおいしい

古くなった配管の中はサビだらけになっているかもしれません。

そんなサビだらけの配管を通ってきた水を飲んだり、お料理に使っていたりし続けることを考えると、新しい配管で清潔な水が飲めるメリットは大きいでしょう。

半永久的に更新の必要がなくなる

配管を塩化ビニル管に変えることで、50年間は配管の交換が必要ないと言われています。

つまり、半永久的に配管を改修する必要は無くなります。

配管工事はどうしても大規模な工事になってしまうため、そう何度も機会のあるものではありません。

せっかくなので、リノベーションの機会に交換するようにしましょう。

トラブルを未然に防ぐ

配管の劣化や欠損は日常では目で見ることができません。

腐食が進み、いざ漏水が発生すると自宅だけでなく建物全体に影響が及び、その被害は甚大なものになります。

未然にトラブルを防ぐ意味でも不安に思ったら早め早めの対策が必要です。

水圧不足を解消する

古い配管内にサビが発生すると、管の内側にサビの膜を形成して、水が通る部分が細くなり、結果として水圧不足につながっている可能性があります。

こうした場合は配管を新しくすることで水圧不足が解消されます。

まとめ

リノベーションとリフォームの一番の違いは配管の違いにある、ということについてご理解いただけたでしょうか。

一度リノベーションして塩化ビニル管に換えるだけで半永久的に利用でき、清潔な水が飲めるなどいくつものメリットが生まれます。

間取など目に見えるどころ以外の維持管理のためにも、是非リノベーションを検討してみてください。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報