おすすめのワンストップリノベーション会社を紹介

中古マンション購入+リノベーションを合わせた予算

      2018/12/17

中古マンションでもリノベーション工事をすれば構造躯体や給排水設備も含めて新しいものに生まれ変わらせることができます。

とはいえ、そこまで工事してしまうと工事費用にどのくらいかかるか不安ですよね。

今回は中古マンションを購入してリノベーションする場合の費用について調べてみました。

新築マンションの相場感はいくら?

可能であれば新築マンションを購入したいものの、新築マンションは高くて手が出せない、という方もいるでしょう。

不動産経済研究所では毎月の新築マンションの市場動向を閲覧することができますが、2016年3月度の首都圏のマンション市場動向を見ると、1戸当り平均価格は5,638万円(1坪当りの平均単価は264.8万円)となっているようです。

一方、中古マンションの価格はどの程度となっているかというと、東京カンテイの「2016年3月三大首都圏・主要都市別/中古マンション70㎡価格別推移」によると、首都圏の中古マンション価格は3,384万円ということが分かりました。

不動産経済研究所と東京カンテイとでデータの取り方が異なるため正確な比較はできませんが、首都圏では新築マンションと中古マンションとで2,254万円の差が出ていることが分かります。

新築一戸建てと中古一戸建ての相場感

東京カンテイの「主要都市圏・主要都市別/新築木造一戸建て住宅平均価格月別推移」によると、2016年3月の新築小規模一戸建て住宅平均価格は3,445万円でした。

また、同じく東京カンテイの「主要都市圏・主要都市別/中古木造一戸建て住宅平均価格月別推移」によると、2016年3月の中古一戸建て住宅平均価格は3,108万円となっています。

建物より土地の価値が高い一戸建てでは新築と中古の差額が337万円と、マンションの差額と比べると非常に小さな差であることが分かります。

中古+リノベーションは高い?

首都圏では新築マンションと中古マンションとの差額が2,000万円以上あることが分かりましたが、中古不動産を購入してリノベーションする場合、どの位のお金が掛かるのでしょうか?

マンションや一戸建てを新築で購入する場合、坪単価いくら、というように坪数に応じてだいたいの相場が分かるようになっています。

それに対してリノベーションの場合、購入した中古物件の老朽具合によって価格が大きく異なってくるため単純に坪単価で表すことは難しいです。

柱や梁などの構造体や給排水設備の老朽化が進んでいれば大規模な工事が必要になりますし、お風呂やキッチンなども取り換えるのかそのまま使うのかによって工事費は大きく変わるからです。

首都圏で中古マンション+リノベーションの相場はどのくらい?

リノベーション費用は物件によって異なるのですが、ここでは、過去の事例から中古マンション+リノベーション費用の相場を想像してみたいと思います。

HOME’Sリノベーションのデータによると、マンションのリノベーションの相場は700万円~1,000万円、一戸建ての相場は1,000万円~1,500万円となっています。(2014年4月時点)

homes

東京カンテイのデータでは首都圏の中古マンションの平均価格は3,384万円。

リノベーション費用を加算すると、4,100万円~4,400万円が首都圏の中古マンション+リノベーションの相場だと言えるでしょう。

不動産経済研究所のデータでは首都圏の新築マンションの平均価格は5,638万円だったので、首都圏においては中古マンション+リノベーションは新築マンションに比べるとリーズナブルな価格で購入できることが分かります。

  • 中古マンション平均価格・・・3,384万円
  • 新築マンション平均価格・・・5,638万円
  • 中古マンション+リノベ―ション・・・4,100万円~4,400万円

首都圏新築マンションと中古マンションの県別比較

同データでは2016年3月の県別のデータも確認することができます。

  • 東京都:新築マンション平均が6,834万円、中古マンション平均が4,686万円
  • 神奈川県:新築マンション平均が5,267万円、中古マンション平均が2,617万円
  • 埼玉県:新築マンション平均が4,381万円、中古マンション平均が2,005万円
  • 千葉県:新築マンション平均が3,752万円、中古マンション平均が1,823万円

新築マンション平均価格と中古マンション平均価格でデータの取り方が異なるため、正確な比較はできません。

しかし、千葉県では差額が1,900万円、神奈川県では2,800万円にもなっていることが分かります。

差が大きい地域程中古マンション+リノベーションの価値は高いと言えるでしょう。

まとめ

首都圏では新築マンションと中古マンションで2,000万円以上の差額があることが分かりました。

リノベーションの費用は物件ごとに異なるものの、状態の良い中古マンションであれば新築マンションを購入するよりリノベーションしてしまった方がお得に物件を購入することができます。

スポンサードリンク

 - リノベーションお役立ち情報