リノベーション会社徹底比較

沖縄県のおすすめリノベーション会社・工務店【費用感・評判・口コミまとめ】

      2018/10/23

沖縄県で「一般社団法人リノベーション協議会」に属している企業

会社名 LSDdesign株式会社
所在地 〒901-2204 沖縄県宜野湾市上原2-3-6
営業時間 9:00~18:00
定休日 日・祝祭日
ホームページ http://www.lsd-design.co.jp/
会社名 合同会社きくはら工務店
所在地 〒904-1106 沖縄県うるま市石川2-7-2
営業時間
定休日
ホームページ http://kikuhara-koumuten.com/

沖縄県のリノベーションで気になる疑問まとめ

国内随一の南国リゾート沖縄県に移住or永住したいと考える方が、住宅費を安く済ませたい場合にぴったりのリノベーションですが、会社選びが難しいもの。

こちらにリノベーションで多い疑問と、その答えをまとめてみたので、ぜひ沖縄でのリノベーションの参考にしてみてください。

沖縄県のリノベーション会社は不動産探しも手伝ってくれる?

小さな島々が複数集まり、本島が南北に細長い沖縄県だからこそ、住む地域によって特徴は大きく異なります。

物件の購入から始める場合は、あなたの理想を叶えてくれる地域で探せるよう、各エリアの特徴を知った人に不動産探しを相談しましょう。

沖縄県で不動産探しから手伝ってくれるリノベーション会社は、たとえば以下の4社があげられます。

  • リノべる株式会社(リノベる。)
  • 株式会社佐平建設(ちゅチュリノ)
  • 株式会社キャリアエステート
  • 株式会社アートアンドクラフト

リノベる。は、戸建て・アパート建設・公共事業など幅広く手がける県内の大手総合建設会社「りゅうせき建設」とのフランチャイズ提携により店舗を構えています。

全国展開のリノベる。に対し、地元情報に弱そうなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、提携会社は沖縄の会社なのできちんとした情報網があります。

リノベる。との提携店舗の他、リフォームやリノベーションの部署を自社内でも持っているため、建築技術やリノベーションへの知識についても十分です。

ちゅチュリノは長年沖縄で建設業を営んできた佐平建設のリノベーション会社で、これまでのアパート建設の技術を活かし、構造に無理のない施工をしてくれます。

同じく地元企業の日建開発と合同で、築15年以上の中古住宅とリフォームをセットにした事業「きたな美らん」も展開しており、物件情報も豊富な点が魅力です。

キャリアエステートは比較的若い会社ですが、設計事務所からスタートした不動産総合会社であり、マンションなどの設計や施工も数多く行ってきました。

全国の建築業エキスパートが集まるリノベ不動産の加盟店でもあるので、保証などサポート面も充実しています。

アートアンドクラフトは本社を大阪に構える会社ですが、沖縄に事務所とホテルを置く「体験できる」リノベーション会社です。

ホテルはアートアンドクラフトが実際にリノベーションした物件で、建設当時のアメリカンスタイルを残しつつ、現代風のおしゃれも取り入れたデザインです。

ショールームも良いのですが、実際に泊まって体験できるリノベーション物件を一度試してみてはいかがでしょうか。

このように沖縄にも多くのリノベーション会社がありますが、ワンストップといいながら厳密にはワンストップではない(資金計画は銀行任せの)会社には要注意。

銀行任せの会社に依頼すると、物件購入費の住宅ローンとリノベーション費用のリフォームローンを別々で組まされてしまう危険があります。

リフォームローンは金利が高いため、金利が安い住宅ローンにリノベーション費用も組み込めるよう、資金相談も含めた会社を選びましょう。

沖縄県に公団や団地は多い?

沖縄県の面積は、全国的に見ると第44位とそれほど広いとはいえません。

しかし、人口に関しては中間地点に近い位置にランクインしていることもあり、公共住宅への需要は高いと考えられます。

そんな沖縄で実際に供給されている公団や団地の数は、どのくらいの数となっているのか、調べてみました。

  • 公社賃貸住宅…527戸
  • 県営住宅…107団地(15,166戸)

沖縄県住宅供給公社が発表した「賃貸住宅年度別管理戸数」によると、20年ほど前は1,700戸を超える公社賃貸住宅があったそうです。

しかし、ここ20年弱の間に少しずつ減少していき、現在はかつての3分の1程度の戸数を維持しています。

県営住宅も最も多い時期に比べると2,000戸ほど減っていますが、公社賃貸住宅ほど大きな減少幅ではありませんでした。

これらの数が全国的に多いのか少ないのか、人口が近い他県と比べてみた結果が以下のとおりです。

  • 沖縄県…公社賃貸住宅527戸、県営住宅107団地(15,166戸)
  • 滋賀県…公社賃貸住宅0戸、県営住宅42団地(2,975戸)
  • 山口県…公社賃貸住宅0戸、県営住宅120団地(13,995戸)

沖縄県と同じく人口が140万人台の滋賀県・山口県の2県と比べたところ、目立つのが公社賃貸住宅の差でした。

滋賀県と山口県はどちらも公社そのものの解散により公社賃貸住宅が0戸となっていますが、沖縄県は現在も527戸が管理されています。

県営住宅数については山口県と大きな差がないため、ここでは山口県と比較してみることにしました。

山口県との人口差がわずか3万人程度であることも加味すると、沖縄県の公団や団地の数は、多すぎず少なすぎない数といえそうです。

むしろ、戸数が年々減少傾向にあることから、現時点では過剰供給気味である可能性も考えられます。

沖縄県でリノベーションにおすすめの地域はどこ?

沖縄県でリノベーションを考えている方におすすめの地域を、不動産会社が発表する「県在住者が選ぶ住みたい街ランキング」などを参考にまとめてみました。

住みやすさ、将来性を考慮したおすすめの地域は、以下のとおりです。

  • 那覇市
  • 宜野湾市
  • 浦添市

県外からの移住者にとっても住みやすい那覇市は、本土と同等の暮らしができる利便性が魅力です。

沖縄はJRなど広範囲の鉄道がなく、那覇市の一部を走る沖縄モノレールを使うか、バスなど車を使うしかありません。

そのため基本的には自家用車での通勤を念頭に入れるべきですが、子どもの通学の利便性も含めて考えるなら、モノレールのある那覇市内がおすすめです。

とくに再開発地域の那覇新都心周辺は、大きな公園やおしゃれなショップが多く、利便性と自然豊かな生活環境の両方を求める方にぴったりです。

宜野湾市は、まさに車移動をメインとする方向けの地域。

2本の国道や高速道路の入り口が近いため、沖縄本土の各地へアクセスしやすいのが魅力です。

米軍基地があり、アメリカンなお店や建物も多く、外国気分を手軽に味わえるのも宜野湾市の魅力でしょう。

ただし、地域によっては夜間の騒音問題が多いこともあるので、不動産探しから始める方は、しっかり不動産業者やリノベーション会社に相談する必要があります。

那覇市と宜野湾市の間に位置する浦添市は那覇市内へアクセスしやすいのはもちろん、医療体制が評価されています。

小児科や産婦人科が多いうえ、夜間や緊急の医療体制が整っており、病時や病気回復期にある子どもの一時預かり保育など子育て面もサポート。

子どもを産みやすく、育てやすい環境と制度を優先するなら、浦添市も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

他には、那覇市に近い豊見城市・八重瀬町・与那原町・西原町・南風原町あたりにも範囲を広げて考えてみるのも良いでしょう。

とくに南風原町は子どもの医療支援が充実しており、医療費助成は中学校卒業まで受けられるため、ファミリーに最適な地域です。

沖縄県でのセミナー・ワークショップがよく行われる地域はどこ?

他県では主に都市部でセミナーやイベントが多く開催されるのですが、沖縄の場合、那覇市内でのイベントはあまり多くないようです。

どちらかというと隣接する浦添市など、那覇市周辺の市町村で行われるセミナーばかり見つかります。

また、沖縄県第2の都市である沖縄市でも、リノベーション関連のイベントが不定期に開催されています。

  • ちゅチュリノのセミナー…沖縄市内
  • アートアンドクラフトの講座…北中城村

上記の「不動産探しから手伝ってくれるリノベーション会社」の中では、この2社がリノベーションイベントを開催しています。

その他のリノベーション会社は、イベントよりもショールーム見学やリノベーション物件の見学などを随時開催することが多く、セミナーなどは多くありません。

セミナーなどイベントの数そのものが沖縄県全体で少ないため、沖縄でリノベーションを検討されている方は、イベント情報をこまめにチェックしましょう。

気になっているリノベーション会社をいくつかに絞ったら、イベント開催を待たず、各社が随時受け付けているショールームなどの見学に申し込んでみる手もあり。

むしろ、イベントの少ない沖縄だからこそ、積極的にリノベーション会社へ直接問い合わせることが大切です。

次の項目では、リノベーション会社選びの参考にもなる口コミ情報をご紹介しています。

体験者の選んだリノベーション会社やリノベーションに対するリアルな感想を参考に、ご自分にぴったりのリノベーション会社を探してみてください。

沖縄県でリノベーションをした方の口コミ・評判まとめ

那覇市高良でリノベーションをした33歳 女性

リノベーションを依頼した会社名

リノベる

この会社の評価

可もなく不可もなく

この会社を選んだ理由

新築の戸建てを購入するか、中古住宅を購入してリノベーションするから迷っていた時に、リノベルが主催しているリノベーションの勉強会に出ました。

リノベーションのメリットなど、担当者の話に興味を持ち、また実際の物件情報などもこまめにチェックしてくれて、提案をしてくれたから。

もし、リノベーションの工事をやり直せるなら、どんなところに注意したいですか

コンセントの位置と数をもっと慎重に行えば良かった。

また、電気のスイッチなどの位置も生活動作の流れにあった位置にするなど、動線を意識する。

北谷町でリノベーションをした30歳 男性

リノベーションを依頼した会社名

大和ハウス

この会社の評価

すごく良い

この会社を選んだ理由

親戚の知人からの紹介ではあったのですが、大手企業で名前も知られているので安心して任せられるかと思い、選びました。

もちろん他社との相見積もりもやった結果、営業の方の人柄や会社のこれまでの実績を鑑みて最終的に家族と話し合い決定しました。

もし、リノベーションの工事をやり直せるなら、どんなところに注意したいですか

もっと小さい子どものことを考えた家づくりにしたいです。

当時は家族もそんなに多くなかったのですが、リノベーションから1年経ったころくらいに子どもが生まれたので。

まとめ

スポンサードリンク

 - 【地域別】新築・中古マンション相場比較